死亡保険金と税金の関係について

死亡保険金を受け取ると、税金が発生売します。支払う税金の種類は、契約者と被保険者そして保険金の受取人との関係によって異なります。
例えば、契約者と被保険者が夫で受取人が妻の場合には相続税に該当します。契約者と受取人が夫で、被保険者が妻なら所得税になります。


契約者が夫で、被保険者が妻そして受取人が子供なら贈与税になります。この様に、税金の種類が異なるので、契約前にどれに該当するのか確認をする事が大切です。
控除や住民税にも影響をする内容なので、保険を見直す際には受取人と被保険者との関係は重要です。
保険契約の見直しで重要なのは、料金以外に受け取りにを誰にするかです。
保険は、結婚や出産そして離婚などの家族関係の変化によって見直す事があります。不動産購入を切っ掛けにする人も多いです。
保証内容が加入している目的にあっているかなども確認をすると良いです。必要に応じて見直しを行う事が大切です。
保険は加入をしたら終わりではありません。ライフプランにあった契約内容のものにすると良いです。複数の保険に加入している人は、重複しているなどの無駄な保証内容になっていないか見直す事が必要です。必ずしも保険の満期まで契約をする事が良いとは限らないのです。

Comments are closed.