満期保険金と税金の関係について

生命保険の保険内容は、加入している保険によって異なっています。生命保険の中には保険料を払い終え、満期になった場合には満期保険金を受け取れるものもあります。保険金は高額なので、急な収入に嬉しい気持ちになることもありますが、注意点もあります。それは保険金に対して税金がかかるということです。
保険金にかかる税金には2種類あり、所得税と贈与税です。これは保険料を支払う人と保険金を受け取る人の関係によって、どちらの税金がかかるか異なってきます。


保険料支払人と保険金受取人が同じ人の場合には、前者がかかります。一方で支払人と受取人が異なる場合には、後者がかかります。どちらの税金でも同じということはありません。実は両者の税金では税率が異なります。贈与税が所得税よりも税率が高くなっています。
このため、支払人と受取人が異なるだけで支払うべき税金が増えるのです。これでは少しもったいない気持ちになってしまいます。保険を見直すときには保険金の受取人を保険料の支払人と同じ人に変更すると、支払う税金が減ります。
別の保険に変えなくても、保険金の受取人は変更可能です。所定の手続きを経ると簡単に変更できるので、保険を変える予定がなくても加入している保険の内容を確かめてみてください。

Comments are closed.