解約返戻金の見直しポイント

何か重大な病気を抱えてしまった時や、事故に遭ってしまった場合に備えて、生命保険に加入している方は多いですが、この生命保険は途中で解約する事もできます。


この生命保険の契約をする時は、20年、30年など、比較的長いスパンで契約する人が多いです。しかし、このように長い期間で契約をしていても、途中で何らかの事情によって解約せざるを得ない、または解約した時も可能性として有り得ますよね。そのような時は、所定の書類などに必要事項を記入する事で解約手続きを完了させる事ができます。途中で解約した場合には、解約返戻金(かいやくへんれいきん)というものが返ってくる場合があります。そのため、解約する時には、この返戻金がどのくらい戻ってくるのかをご自身でもきちんと確認する事が必要です。返戻金は、ある一定の算出方法に基づいて計算されるので、ネットなどを参考に、返戻金の算出方法をご自身でも確認してみるようにするといいです。
基本的に、途中で解約をするとペナルティーがつく事があるので、控除されてしまう手数料もあります。
生命保険に加入する時には、予定利率も確認しておくといいです。これは、保険会社が契約時に、その契約者に対して運用する利回りの事です。この利回りも、返戻金の算出に必要になってきます。

Comments are closed.