Author Archive

保険料払込期間の見直しポイント

生命保険に加入している人は、定期的な見直しが必要となります。誰しも生きていく中で、ライフスタイルやライフステージが変化するものです。それに合わせて生命保険も変更が必要な時があります。
見直しをする際は、自分が加入している生命保険の保険証券を準備します。重要なポイントとなるのは、保険料払込期間です。何歳まで保険料を支払う保険なのかによって、見直し方が変わってきます。
保険会社や保険商品によって、払込期間は様々です。一生涯支払うタイプもあれば、60歳など、年齢で決められているものもあります。10年・20年と支払期間が決まっているタイプもあります。
まずは証券で確認してみることが大切です。保険料が一生涯一定というものもあれば、更新型という保険料が上がるタイプもあります。更新型の場合、更新の時期が迫ってから見直すのではなく、早めに保障内容を練り直した方がいいです。


一般的に、一生涯にわたって保険料を支払うタイプの保険は、保険料が安い傾向にあります。払込期間が決まっており、一生涯の保障が付いている保険は、保険料が高いという特徴があるのです。
自分の収入や家族構成、将来的なことを考えた上で保障内容を見直していきます。不明な点は保険外交員やコールセンターに相談する手もあります。

死亡保険金と税金の関係について

死亡保険金を受け取ると、税金が発生売します。支払う税金の種類は、契約者と被保険者そして保険金の受取人との関係によって異なります。
例えば、契約者と被保険者が夫で受取人が妻の場合には相続税に該当します。契約者と受取人が夫で、被保険者が妻なら所得税になります。


契約者が夫で、被保険者が妻そして受取人が子供なら贈与税になります。この様に、税金の種類が異なるので、契約前にどれに該当するのか確認をする事が大切です。
控除や住民税にも影響をする内容なので、保険を見直す際には受取人と被保険者との関係は重要です。
保険契約の見直しで重要なのは、料金以外に受け取りにを誰にするかです。
保険は、結婚や出産そして離婚などの家族関係の変化によって見直す事があります。不動産購入を切っ掛けにする人も多いです。
保証内容が加入している目的にあっているかなども確認をすると良いです。必要に応じて見直しを行う事が大切です。
保険は加入をしたら終わりではありません。ライフプランにあった契約内容のものにすると良いです。複数の保険に加入している人は、重複しているなどの無駄な保証内容になっていないか見直す事が必要です。必ずしも保険の満期まで契約をする事が良いとは限らないのです。

満期保険金と税金の関係について

生命保険の保険内容は、加入している保険によって異なっています。生命保険の中には保険料を払い終え、満期になった場合には満期保険金を受け取れるものもあります。保険金は高額なので、急な収入に嬉しい気持ちになることもありますが、注意点もあります。それは保険金に対して税金がかかるということです。
保険金にかかる税金には2種類あり、所得税と贈与税です。これは保険料を支払う人と保険金を受け取る人の関係によって、どちらの税金がかかるか異なってきます。


保険料支払人と保険金受取人が同じ人の場合には、前者がかかります。一方で支払人と受取人が異なる場合には、後者がかかります。どちらの税金でも同じということはありません。実は両者の税金では税率が異なります。贈与税が所得税よりも税率が高くなっています。
このため、支払人と受取人が異なるだけで支払うべき税金が増えるのです。これでは少しもったいない気持ちになってしまいます。保険を見直すときには保険金の受取人を保険料の支払人と同じ人に変更すると、支払う税金が減ります。
別の保険に変えなくても、保険金の受取人は変更可能です。所定の手続きを経ると簡単に変更できるので、保険を変える予定がなくても加入している保険の内容を確かめてみてください。

受取人と被保険者における見直し注意点

生命保険は、簡単なようで複雑なシステムでもあります。契約内容によっては掛け金も多額になるため、いたずらに損をしないような加入契約が望まれます。ときに数億円にもなる保険金は税金の対象になるので、その対策面でも考慮が必要です。


とくに、営業を受けて勢いで加入してしまった場合は、後からでもしっかりと見直しすることが大切です。その際に注意したいのが、保険金がどのように支払われるかを把握することです。
前提として知っておかなければならないことに、受取人と被保険者ということがあります。これが同一人物になっているケースもあって混同されがちですが、契約上はまったく別の扱いになります。
前者は、怪我や死亡時などに保険金が発生した場合、それを受け取ることができる人です。他方、後者は実際に怪我や死亡をすることが保険の対象となる人です。つまり、契約の内容によっては、怪我をした人とは別の人にお金が入ることがあります。
一見理不尽なようですが、死亡時を考えれば簡単なことです。この場合、被保険者と受取人が同一人物であると、保険金を受け取る対象がいなくなってしまいます。そのようなことがおきないように、契約の段階で配偶者や親子の間で受け取れるようにしておくのです。

保険期間の見直しポイント

生命保険の見直しをする際に必要となのが保険証券です。保障内容はもちろん、保険料の内訳や保険期間を確認することができます。最近はペーパーレス化しており、インターネットなどで閲覧できる保険会社もあります。
保険の期間は、保険商品によって様々です。終身保険の場合は、保障してもらえる期間は一生涯ですので安心できますが、定期保険の場合は期間が限定されているものがほとんどです。自動更新できる保険もあれば、更新できないタイプの保険商品もあるので、注意してください。
自動的に更新する定期保険の場合、満期が訪れても引き続き保障期間を延長することが可能となります。途中で解約したい場合は、その旨を伝えれば自動的に更新されることはありません。
自動的に更新するタイプの保険は、更新後に保険料が上がるという欠点があります。掛け捨てなので終身保険ほど高い保険料ではありませんが、年齢と共に怪我・病気の確率は高まるため、掛け金も高くなるのです。


定期保険であれば、この更新時期が見直しのチャンスと言えます。保障内容を変更したり、健康状態に問題がなければ新たな保険へ加入した方が割安になる可能性があります。
何歳まで、何歳満了という表記があれば自動更新できません。何年までという期間で表記されている場合は更新可能と判断できます。

保険料の見直しポイント

保険料の見直しをする前に、まずは自分が加入している保険の保証内容などを保証券を見て確認をします。もし必要のない保証の為に金額が高くなっているなら契約を見直します。例えば、保証内容が重複しているとせっかくの保険が無駄になるからです。
収入が減少した時には、ます最初に生命保険などの支払い金額に注目をします。銀行口座の引き落としになっていると、普段は意外と気にしていない支出になるからです。
保険に加入したい期間が適しているかも確認をします。自動更新になっているかどうかも含めて注意が必要です。払込期間も希望とあっているかどうかが重要です。


解約返戻金の希望する金額にも注意が必要になります。予定利率に注目をすると良いです。保険の契約を下時期の利率と、現在のものとの比較が保険の見直しの重要なポイントになります。
保険金の受取人も希望とあっているかどうかチェツクをします。また、被保険者の名前が正しいかどうかにも注意が必要です。稀に名前や生年月日などが間違っている事があるからです。
これらのポイントを確認したうえで、必要に応じて生命保険の見直しをしていきます。自分の必要としている保険に加入しているかどうかを目的に応じて確認すると良いです。

解約返戻金の見直しポイント

何か重大な病気を抱えてしまった時や、事故に遭ってしまった場合に備えて、生命保険に加入している方は多いですが、この生命保険は途中で解約する事もできます。


この生命保険の契約をする時は、20年、30年など、比較的長いスパンで契約する人が多いです。しかし、このように長い期間で契約をしていても、途中で何らかの事情によって解約せざるを得ない、または解約した時も可能性として有り得ますよね。そのような時は、所定の書類などに必要事項を記入する事で解約手続きを完了させる事ができます。途中で解約した場合には、解約返戻金(かいやくへんれいきん)というものが返ってくる場合があります。そのため、解約する時には、この返戻金がどのくらい戻ってくるのかをご自身でもきちんと確認する事が必要です。返戻金は、ある一定の算出方法に基づいて計算されるので、ネットなどを参考に、返戻金の算出方法をご自身でも確認してみるようにするといいです。
基本的に、途中で解約をするとペナルティーがつく事があるので、控除されてしまう手数料もあります。
生命保険に加入する時には、予定利率も確認しておくといいです。これは、保険会社が契約時に、その契約者に対して運用する利回りの事です。この利回りも、返戻金の算出に必要になってきます。

保障額の見直しポイント

生命保険はいざというときに、自分と家族を助けてくれる大切な存在です。しかし、加入したときからそのまま自動更新で、内容をほったらかしにはしていないでしょうか?
生命保険は年齢や健康状態など自分自身の状態はもちろん、家族の年齢や構成など、身の回りの変化に合わせて契約内容を見直すことが大切です。その第一歩としてまずは保険証券の確認を行います。
まずチェックすべきは、保険額が現在の状態にあった保証になっているかチェックします。遺族年金や死亡退職金、現在の貯金額を考慮した内容になっているかという点です。また、小さなお子さまがいる家庭ではお子さまが、成人するまでの教育費、生活費は保証内容に入っているかチェックすることも大切です。
また、他の医療保険などと重複ないようになっていないか?不要な特約がついていないかなども合わせてチェックすることも大切です。


そして、次に保険料や支払い期間の見直しです。重複した内容や、不要な特約を見直すだけで月々の支払い額を減らすこともできます。その上で収入にあった支払い額になっているかを見直すことが大切です。
保険の内容が自分に合ったものか、保険内容の相談に応じてくれる保険コンサルタントに相談してみる事も良い方法です。

保険証券の見方について

加入している生命保険を見直す機会は色々あります。家族構成が変わったり、職業・収入が増減したことで変更したり解約を考えることもあります。
ライフステージによって、ピッタリの保険は異なるものです。その時々で自分に合った保険に入るように、定期的に見直すことが大切と言えます。


見直す際にポイントとなるのは保険証券です。記載されている内容の意味を理解し、どんな保険に加入していたかを改めて確認するのに用います。しかし、時間の経過と共に保障内容を忘れることもあります。
ここでは、証券の見方について解説していきます。どこを重点的に見直す必要があるかを述べます。
保険見直しの際に問い合わせる場合があるので、証券番号の記載位置は把握してください。証券の上部にあるのが一般的です。死亡保険の受取人欄も確認し、変更したい場合はいつでも可能です。
保険タイプが更新型かどうかも確認したい点です。10年・15年毎に更新し、保険料が上がる保険もあります。主契約の保険料払込期間などと記載されているはずです。
保障内容に関してもチェックしておきます。主契約と特約にどんなものが付加されているか、詳細が記載されています。保障期間や保険料の内訳、給付金額なども細かく表記されているので、確認していくといいです。